ヒロセ電子システム株式会社 HIROSE Electronic System Co., Ltd.ヒロセ電子システム株式会社 HIROSE Electronic System Co., Ltd.

ヒロセ電子システム株式会社

拠点紹介

東莞廣瀬拓展電子有限公司

廣瀬TH(香港)有限公司

ヒロセグループの最初の中国生産拠点として、1996年6月に設立。 日本側の母体であるヒロセ電子システム(株)・(株)トプコンの両社の固有技術に、さらに中国での特徴を活かし、その固有技術を中国と日本の顧客ニーズをより結集させ、優れた製品づくり(QCD)の頂点を目指し邁進しております。

◆事業概要

東莞石龍工場は、設立以来10年にわたり日本・中国(日系)企業のお客様との取引をベースに事業を展開してまいりました。
取引先は、OA機器・医療機器・産業機器を中心とした高密度基板の実装(EMS)・ユニット組立(板金・成型品+ハーネス+基板)等の部品調達・製造・検査(機能検査)をはじめ、中国側の開発設計部体(深セン事業所)を活用し基板設計からの総合アッセンブリーを実現。さまざまな分野のお客様からの生産要求に対し、品質本位のモノづくりと効率的な生産方式を確立しお客様へ満足していただける製品をご提供しております。

  • 廣瀬TH(香港)有限公司
  • 廣瀬TH(香港)有限公司

◆特徴

各中国拠点(香港・深セン・無錫)を活用し基板製品を中心とした「設計から部材調達・製造・検査・ユニット組立」までの総合アッセンブリーと各中国拠点に更に日本側の拠点を加えたヒロセグループでの対応を実現。
基板組立工程はさまざまな基板にフレキシブルに対応し、超小型チップ部品の実装設備、各種自動検査設備により高品質で効率のよい生産を実現、量産品はもとより多品種・小中ロットにも素早く対応できる柔軟な生産体制も整えております。
来料製品を中心としたお客様への対応(製造・商流・物流)をはじめ、さまざまなお客様のニーズに合わせた商流に柔軟性をもって対応できます。

ページ上部へページ上部へ